ひまわり 求人。 弁護士の転職で「ひまわり求人」を使うメリットとデメリットとは!

ひまわり求人求職ナビを使った弁護士の転職

明確なキャリアプランを持っていない場合 ひまわり求人ではキャリアプランの相談には応じていません。 他者からのフォローがないので、現職が忙しい方は十分に手が回らないかもしれません。

ひまわり求人求職ナビとは?弁護士・司法修習性が知っておくべき使い方と他サービスとの比較

地方公共団体• ア)複数の転職エージェントに登録したものの、応募したいと思える求人の紹介が受けられなかった場合 事務所数の少ない地方だったり、希望する転職先がニッチな分野の場合は、転職エージェントでは取り扱いがない場合があります。 官公庁・自治体 これらのカテゴリーごとに次の検索軸で絞り込むことができます。

4

ひまわり求人求職ナビを使った弁護士の転職

その他• ということで・・・ ここでは、「ひまわり求人」と2つの「転職求人サイト」の違いについて、7つの切り口で紹介していきます。 (2)スカウトの受け取り 自分の情報をひまわり求人に求職者として登録しておくことで、弁護士や司法修習生を採用したい法律事務所や企業、官公庁などからスカウトを受けることができます。 業務が忙しく転職活動の時間がない• キャリア面談• 事業分野• 複数の転職エージェントに登録したものの、応募したいと思える求人の紹介が受けられなかった場合• しかし、ひまわり求人が優れている良い点もあります。

5

ひまわり求人求職ナビとは?弁護士・司法修習性が知っておくべき使い方と他サービスとの比較

ひまわり求人で出来ないこと ひまわり求人には以上のような特長がある一方で、以下のことが出来ません。 このような点を重視する場合は、ひまわり求人は向いていないでしょう。

ひまわり求人求職ナビを使った弁護士の転職

なので、特に「転職」が初めての弁護士さんは、プロの転職エージェントが在籍している転職求人サイトを活用した方がいいかも知れません。

7

ひまわり求人を活用して弁護士が理想の転職を実現するための7の知識

贈呈金額は採用される雇用形態等によって異なり、最大で10万円が贈呈されます。 求人情報詳細ページに想定年収や給与についての記載がある場合もありますが、それほど多くはないようです。

17