サボる 語源。 サボる(さぼる)

怠けるを意味する「サボる」は、フランスの木靴に語源があるってどういうこと? | ガジェット通信 GetNews

在宅訓練に取り組まれている皆さんの課題も様々です。 サボった時間は戻ってこない• サボるの類義語 怠けるという意味のサボるは他にも、「横着」「無精(不精)」といった類義語があります。 帽子をひっくり返すこと(=脱帽)が「降参」を意味し、物事がだめになったお手上げ状態を表しているのだとか。

18

【言葉の雑学】怠けることを「サボる」という語源は?

(今日、野球中継を見るために仕事をサボった。 木靴を使って機械を壊し、労働効率を下げたことに由来します。 冒頭でも軽く解説しましたが、「サボる」という言葉は フランス語の「サボタージュ」が語源となって生まれた言葉です。

18

「サボる」の語源や由来は何?

本日のうんちく【サボるの語源とは】• 大正時代には 日本でも盛んに労働争議が起こっていたことから、その時には日本人も「サボる」という言葉を使っていたんですね。

7

サボるの由来

サボタージュという言葉が日本で怠業の意味として流行し始めたのは、1920年(大正9年)に村嶋歸之により書かれた『サボタージユ—川崎造船所怠業の真相』 ISBN 4-7601-2614-7 によったとする説がある。 昨日はデートをすっぽかしたのよ。 また、通所時とは違った環境で集中出来るものもあるでしょう。

3

「サボる」って英語由来の言葉?覚えておきたい便利なフレーズをご紹介します

important;background-image:none! 当時、労働者階級の人々は高価な革製の靴を買うことができないため、木をくりぬいて作る「サボ(sabot)」と呼ばれる木靴を履いて過ごしていました。 疲れてるから筋トレはやめておこうとサボったり、塾の時間だけれど行くのをサボったり……思い当たる人は結構いるのではないでしょうか? このように動作を怠けることを表現するのに使われる 「サボる」という言葉ですが、元となった言葉である「サボタージュ」は実は違う用法で使われています。 他にも「ストライキ」と呼ばれる方法がありますが、サボタージュは更にそれを過激にしたようなものですね。

3

サボるの語源はフランス語、元々は木の靴を意味する言葉だった。

今となっては日本語として馴染んでいるのだから、言葉というのは面白い。 (実家に帰るから集まりには出なかった) また、「行こうと思ったけど、行けなかった」という場合は、「skip」より「miss」を使ったほうがベターです。 さらにその由来となったのは、一見なんの関係もなさそうな「木靴」にあるそうなのです! 今回は「サボる」の由来となった言葉、「サボタージュ」の用いられ方とその語源についてご紹介します。

2