箕輪 厚介。 セクハラで自粛“天才編集者”箕輪厚介氏が裏アカで活動再開|日刊ゲンダイDIGITAL

セクハラで自粛“天才編集者”箕輪厚介氏が裏アカで活動再開|日刊ゲンダイDIGITAL

役に立たない機械2019」(2019年7月26日) ネットTV [ ]• 2013年にを責任編集長とした『ネオヒルズジャパン』を創刊し 総合ランキングで1位を獲得。 NewsPicksアカデミア [ ] 経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」をベースとする有料コミュニティ。 箕輪君はそこをよく分かっていて、『多動力』は、たとえば僕のオンラインサロン(堀江貴文イノベーション大学校)のメンバーに発売前からゲラを読ませて、書評を書かせることで、発売日当日にはSNS上に大量の口コミが広がっている状況をデザインした。

箕輪厚介【セクハラ炎上】時系列で経緯まとめ!今回も炎上商法?

もうどうしようもないよ、実力が違いすぎるんだもん』と発言。

箕輪厚介がセクハラ!ライターA子は誰で顔画像や名前は?告発の理由は

この音声データはその際に録音したものです」 A子さんは自身の執筆した、 松浦勝人さんの自伝の執筆が取りやめになったことに腹を立て松浦勝人さんの薬物使用を文春に告発しました。 リツイートにより、今回のことをうやむやにしてしまおうということなのでしょうか。 。

7

箕輪厚介がライター女性・Aさんに性的要求!A氏とは誰?

先進的な活動をしているはずの「天才編集者」が、 古臭いジェンダー観に縛られているように見えるのは滑稽です。 「早稲田の英知を無駄使い! 家入一真が代表取締役社長を務める。

箕輪厚介がライター女性・Aさんに性的要求!A氏とは誰?

専門家から意味がなく、失敗、差別を繰り返させる要因としての「日本型謝罪」と批判されてきた。 それは、ライターA子さんとのメールのやり取りが 3年前のものなのです。

1

セクハラ男・箕輪厚介氏「ギャラ&女性トラブルの常連」だった!? 双葉社時代から続く“裏の顔”とは!?

箕輪編集室のみずほです。 そこに付け込んだ巧妙な犯行ですね。

12