内田 洋行。 働き方変革の動向 ~内田洋行の自社での取り組みと新たなオフィス環境整備に向けた対応

内田洋行グループの間接部門業務を行う株式会社内田洋行ビジネスエキスパート

今後の同社の事業展開動向が注目される。 社名の「内田」は創業者・内田小太郎の名にちなむ。

15

内田洋行

今回発売する「PROCES. (現連結子会社)• 1972年(昭和47年) 3月 富士通(株)と業務提携。

内田洋行グループの間接部門業務を行う株式会社内田洋行ビジネスエキスパート

働き方改革においては、従業員個人、グループ単位の仕事の見える化については、パソコンのログ情報等を蓄積、見える化し、把握する取り組みが行われ始めているが、さらにオフィス環境という空間面の見える化によるBCP対策の強化という面で働き方改革が支援されている。 1941年(昭和16年) 5月 組織整備を行い、東京及び大阪に内田洋行を設立し、現在の当社の母体となる。

15

内田洋行グループの間接部門業務を行う株式会社内田洋行ビジネスエキスパート

高度経済成長期には、顧客の事務能率の向上支援を高度化するため、カシオ計算機の総代理店を経て、超小型電子計算機『USAC(ユーザック)[8]』の開発販売を手がけてコンピュータービジネスに参入した。

内田洋行

2013年(平成25年) 7月 (株)東京ウチダシステム、大阪ウチダシステム(株)、(株)ウチダシステムソリューション、(株)九州ウチダシステム(非連結子会社)が合併し、(株)ウチダシステムズに商号変更。 システムから取得したデータで会議室と座席の利用率について分析可能なので、会議室と座席が足りるか足らないか、利用状況とログ分析によって、最適な提案を行うことができる。 これは、緊急事態宣言が解除され、在宅勤務から通常の出勤体制に戻ろうとする大企業からの相談が多いことによるものだ。

11

建設業向けERP「PROCES.S」のエンタープライズ版を新たに拡充

1995年(平成7年) 5月 東京都江東区潮見に事務所を賃借し、本部潮見オフィスを設置()。 Sエンタープライズバージョン」の開発背景 国土交通省は、建設業界の働き方改革促進に向けて、週休2日の確保をはじめ、長時間労働の是正、給与・社会保険、生産性向上の3つの分野における新たな施策「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定し、人材獲得に繋げる検討をしています。

働き方変革の動向 ~内田洋行の自社での取り組みと新たなオフィス環境整備に向けた対応

国内企業において、テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス)の実施状況を見ると、従業員のパソコンのログ情報等による見える化は一部の企業で進められてきている。 2011年(平成23年)11月 現在地に新川第2オフィスを建設、東京地区の拠点を再配置。 〒135-0033 深川1丁目11番12号 住友生命清澄パークビル(清澄オフィス)• 需要拡大が見込まれる商材ごと(欧米文具、タイプライター、国産化初のトーホー自動番号器等)に多面的に顧客接点を作り、販売ルートを開発してきた。

2