インフォ テクノ 朝日。 東京労働局の企業訪問【株式会社インフォテクノ朝日】

事業について

また、特定の従業員への業務の集中といった残業削減に対する課題を部署ごとに洗い出し、その改善策として、業務量の平準化に向け、従業員のタスクの共有化やスキルの底上げ等による人材育成強化等に取り組んでいる。 新契約フロントグループ 営業用タブレットPC上で稼働するシステムのうち、生命保険の提案書・申込書の作成に関するアプリケーションや、申し込み手続きに関するシステムを担当• パートナーさんは個人個人で様々なスキルセットをお持ちですので、例えばJavaができる人が欲しいとなったときに、Javaを10年ほどやっていた人を増員してもらうというような柔軟な対応も可能です。

会社概要

ここではエンジニアの能力より業務の知識の方が必要とされることが多いため、技術的学習と合わせて保険業界のルールなどを覚えていく必要がある。 労働生産性の向上策(その2) ~「リワーク量」を見える化~ 労働生産性の向上に資する特長的な取組の一つとして、「リワーク量」の見える化を行っている。 キャリアコンサルティング制度 あり:【内容】 経営幹部層がスポンサー役となり、女性社員を対象に、キャリアアップに対する意識付けやキャリア開発の機会の創設等、キャリア形成を支援する。

18

事業について

パートナーさんを必要に応じて雇用することで、チーム単位での労働力に柔軟性を持たせるためと思われます。

6

会社概要

技術者にとっては、願ってもない環境です。

インフォテクノ朝日の「企業分析[強み・弱み・展望]」 OpenWork(旧:Vorkers)

2017年11月• 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: システム設計には年次が若いうちから関われるが、保険の知識とシステムの知識両方が必要になるため、仕事内容が難しい。 そのほか、部署単位で従業員が一斉に定時退社する日「みんなで定時(5時)Days(愛称:みんご)」を週1日以上設定し、従業員が同僚に遠慮せず退社しやすい雰囲気作りを進めている。

19

株式会社インフォテクノ朝日の新卒採用・企業情報|リクナビ2022

厚生労働省 次世代育成支援対策推進法認定「くるみんマーク」取得。

会社概要

業績管理グループ 全国支社・営業所の営業成績を管理するシステムの開発・保守 損害保険販売資格保持者の管理及び手数料計算に関するシステムの開発・保守 システム管理部 ホストコンピュータや分散サーバで構成された朝日生命コンピュータシステムや全国に広がるネットワークシステムを安全に稼動させるため、システム資源を一元的に管理し、その稼動状況の監視や環境の構築・管理を担当しています。 (PDF形式は 215KB; PDFファイル からダウンロードできます). 最後に、勝田労働局長から、女性活躍推進について同社の行動計画に沿った一層の取組をお願いしました。

4