東日本 大震災 マグニチュード。 震度?マグニチュード?深さ?階級?大地震用語のおさらい|備える.jp

特集 東日本大震災 : 防災情報のページ

5 - 7。 三重県南東沖で地震 - Mj7. で4 - 3. 北海道から東北に津波。 津波堆積物調査からが岩手県沖〜福島県沖、または茨城県沖の連動型超巨大地震の可能性も指摘される。

15

13日地震は東日本大震災の余震か、気象庁が発表

気象庁は地震発生から約4分後の午後2時50分ごろ、岩手、宮城、福島県に大津波警報(高さ3m以上)を発令した。 8)、青森県八戸市で最大震度6、死者3人。

東日本大震災とは

の確率が上昇したとの報道が2011年9月以降にされているほか、調査により関東地方地下のフィリピン海プレートの深さが従来の想定よりも浅い所にあることが判明したことを受けて2012年3月には同地震の見直した震度推定が公表される など、関東地方でも被害地震の発生が懸念されている。 0前後に更新し、誘発される可能性があると発表した。

東日本大震災の震度(マグニチュード)について

遠くでも震度1を観測しており、震源から1,300 km以上離れていることから、はS波だけでも5分以上かけて到達している。

東日本大震災の震度(マグニチュード)について

ごろと見られる津波堆積物との関連性が指摘されている。 Z壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物がさらに多くなる。 計器観測された津波高 [ ] 津波の第一波は、震源に近い観測所では地震発生とほぼ同時刻に数十cm程度の海面変動が観測され、陸に近い分岐断層のずれによる津波が早い段階で到達した可能性も考えられていた。

15

地震の年表 (日本)

断層の破壊が始まった震源地はだが、最終的に断層が破壊したは日本海溝下のプレート境界面に沿って南北に長く、 沖から沖までの南北約500 km、東西約200 km、深さ約5 km - 40 kmの範囲で、合計約10万 km 2の広範囲に及ぶ。

3