ミズナラ シーバス。 【楽天市場】シーバスリーガル ミズナラ 12年 カートン入り(700ml):爽快ドリンク専門店

シーバスリーガル 12年をレビュー!見た目に反して中身はとっても華やか

香りはリッチテイストな中に甘みのあるフレーバー。

シーバスリーガル 12年をレビュー!見た目に反して中身はとっても華やか

当時のシングルモルトウイスキーは味にばらつきがあり、より上質なものを求める富裕層の声からブレンデッドウイスキーの需要が高まったと言われています。

6

シーバスリーガル12年・ミズナラエディションのテイスティング、傑作定番スコッチ✖ジャパニーズミズナラ樽

彼らのウイスキー造りの伝統を受け継ぐシーバスリーガルは、日本のウイスキー造りに対する情熱や技術に敬意を込め、革新的な試みとしてブレンデッドスコッチウイスキーの熟成に日本原産のミズナラ樽を使用した「シーバスリーガル ミズナラ12年」を2013年10月に発売。 これまでのシーバスリーガル12年ミズナラカスクとは全くレベルの違うあじわいはぜひ一度味わってみてほしいものです。 希少な上に加工も難しい素材で、作られた樽はホワイトオークなどの樽と比べて高価であるらしい ミズナラ樽で熟成されたウイスキーはビャクダンのような神秘的かつ厳かな香りがすると言われている そのどこかオリエンタルな香りは、日本独自の味わいの特徴となり、海外のウイスキーファンを魅了している さて、シーバスリーガル12年・ミズナラエディション、そのお味はいかなるものだろう・・・ キャラメルソースをかけた青リンゴ オレンジ風味の砂糖菓子 ハチミツ漬け生姜とかすかなメンソール お香で燻された若木の、淡いビター 87・5点 ミズナラ、と銘打ってはいるが 正直、普通の12年とそこまで明確な違いは感じられなかった。

8

【楽天市場】シーバスリーガル ミズナラ 12年 カートン入り(700ml):爽快ドリンク専門店

マリッジとは原酒を ブレンドした後に、安定させるために しばらく寝かせること。 「シーバスリーガル ミズナラ12年」の発売から7年、蓄えられたミズナラ樽の知識を全て詰め込んだ味は素晴らしいものがあります。 クセがなく香りは豊。

19

『シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ』日本限定発売

シーバスリーガル ミズナラ 12年 まとめ• ストレートだと、微かに感じられる樽の木香に、微かにメンソール的な清涼感があるような、ないような・・ しかし、ハイボールにしてみたら差が開いた 通常12年のまったりスイーツ感に比べ、ミズナラ12年のほうが、樽由来の馥郁たる若木の木香のようなものが豊かな気がした。 シーバスリーガル12年ミズナラは、こんなウイスキー 世界中で最も飲まれているスコッチウイスキーのブランドの一つがシーバスリーガル。

11

シーバスリーガルの種類を解説。飲みやすく奥深い味わいのブレンデッド

まとめ というわけで今回はシーバスリーガル12年をレビューしてみました。 ブランド史上初となる漢字の表記や、和柄を正面ラベルの基調模様に採用するなど、クラフトマンシップの融合を表現したデザインとなっています。

シーバスリーガルの種類を解説。飲みやすく奥深い味わいのブレンデッド

ウイスキーの初心者にもなれてない私ですが、こんなにも飲みやすくて甘いウイスキーは初めてでした。 ブレンドの一部を日本原産のミズナラ樽で熟成している特徴があり、しかもコレ 日本限定販売なんです。 父の日のプレゼントに「シーバスリーガル・ミズナラ」を選んだ5つの理由 5つの理由• シーバスリーガルのキーモルトは、スコットランドのスペイサイド地方で造られたシングルモルトを多く使用しています。

15