因数 厚į†ã€‚ 因数厚į†ãžã¨ã‚īŧˆå…Ŧåŧãƒģč¨ŧ明ãƒģå•éĄŒīŧ‰

因数厚į†ã¨ããŽé‡č§Ŗバãƒŧジョãƒŗぎč¨ŧ明

ã“ãŽæ™‚å‰˛ã‚‹æ•°ãŒã“ã‚“ãĒåŊĸだãŖたらおうでしょう。 原は、こぎ因数ぎčĻ‹ã¤ã‘æ–šãĢã¯ãĄã‚‡ãŖとしたã‚ŗツがあるんですīŧ 因数をčĻ‹ã¤ã‘るためãĢ、多項åŧã‚’čĻŗ察する上でぎポイãƒŗトは、ã‚ĸã‚ŋマīŧˆæœ€ã‚‚æŦĄæ•°ãŒéĢ˜ã„文字ぎäŋ‚æ•°īŧ‰ã¨ã‚Ēã‚ˇãƒĒīŧˆåŽšæ•°é …īŧ‰ã§ã™ã€‚ そぎįĩæžœã¨ã—ãĻ因数 ãŒå…ˇäŊ“įš„ãĢäŊ•ã‹ãŒã‚ã‹ã‚Šãžã™ã€‚

因数厚į†ã‚’į”¨ã„た因数分č§Ŗぎã‚ŗツとはīŧŸå› æ•°ãŽčĻ‹ã¤ã‘æ–š(候čŖœ)もč¨ŧ明īŧã€įˇ´įŋ’å•éĄŒã‚ĸãƒĒ】

四æŦĄäģĨ上ぎ斚į¨‹åŧãŽå ´åˆã‚‚同様です。 īŧ‘īŧšå› æ•°åŽšį†ã¨ã¯ ぞずは、因数厚į†ã¨ã¯äŊ•ã‹ãĢついãĻč§ŖčĒŦしãĻいきぞす。 ã§ã¯ã€å…ˇäŊ“įš„ãĢはおぎようãĢ因数厚į†ã‚’因数分č§ŖãĢæ´ģį”¨ã—ãĻいくぎでしょうかīŧŸäž‹ã‚’挙げãĻãŋãĻいきぞしょう。

13

因数厚į†ã¨ããŽé‡č§Ŗバãƒŧジョãƒŗぎč¨ŧ明

īŧ”īŧšå› æ•°åŽšį†ãŽå…ˇäŊ“䞋そぎīŧ’ 因数厚į†ã‚’äŊŋãŖたåŋœį”¨å•éĄŒã‚‚č§ŖいãĻいきぞしょう。 因数厚į†ãŽč¨ŧ明 では因数厚į†ã‚’č¨ŧ明しãĻいきぞしょう。 ここで重čĻãĒことは、 å‰˛ã‚ŠįŽ—ぎåŧã¯ã‹ã‘įŽ—ぎåŧã¨ã—ãĻčĄ¨ã™ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ã¨ã„ã†į‚šãĢãĒりぞす。

7

因数厚į†ã‚’į”¨ã„た因数分č§Ŗぎã‚ŗツとはīŧŸå› æ•°ãŽčĻ‹ã¤ã‘æ–š(候čŖœ)もč¨ŧ明īŧã€įˇ´įŋ’å•éĄŒã‚ĸãƒĒ】

䞋えば、 ぎ æŦĄæ–šį¨‹åŧãŒæœ‰į†æ•°č§Ŗ īŧˆãŸã ã— īŧ‰ã‚’もつとき、斚į¨‹åŧã¯ ã¨čĄ¨ã™ã“ã¨ãŒã§ããžã™ã€‚ 上ぎ䞋īŧ‘で 3 ãĢį€į›Žã—ãĻ下さい。 äģĨ上が因数厚į†ãŽč¨ŧ明ぎč§ŖčĒŦãĢãĒりぞす。

10

因数厚į†

というもぎでした。

ã‚¤ãƒĄãƒŧジが分かれば[因数厚į†]と[剰äŊ™ãŽåŽšį†]はåŊ“たり前īŧ

å‰˛ã‚‹ã“ã¨ãĒくäŊ™ã‚ŠãŒæą‚められる、というぎはåŧˇåŠ›ã§ã™ã­ã€‚ これはぞさãĢ因数分č§Ŗですよね。

【数å­ĻⅡB】因数厚į†ã€ä¸­å¤Žå¤§ãƒģ中äēŦ大】

これを 剰äŊ™ãŽåŽšį†ã¨č¨€ã„ぞす。 īŧˆåŋ…čĻæĄäģļぎč¨ŧ明īŧ‰ 上と同様ãĢf x を x-a ã§å‰˛ãŖたときぎ商をQ x 、äŊ™ã‚Šã‚’Rとおきぞす。 よãŖãĻ、 これãĢ をäģŖå…Ĩすると、 とãĒりぞす。

4

因数厚į†

゚マホでごčĻ§ãŽæ–šå¯žčąĄã€‚ 因数厚į†ã§å› æ•°ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ãŸã‚ã¨ã¯ã€éšæ™‚å‰˛ã‚ŠįŽ—ãƒģ因数分č§ŖしãĻいくようãĢしぞしょう。 æŦĄãĢåˆĨぎč¨ŧ明斚æŗ•ã€‚

3

因数厚į†

ã‚ã¨ã¯å‰˛ã‚ŠįŽ—をするだけです。 因数厚į†ã¯å‰°äŊ™ãŽåŽšį†ãŽį‰šåˆĨバãƒŧジョãƒŗ さãĻã€å‰˛ã‚‹æ•°ã‚’čĻ‹ã‚Œã°æ•´åŧã‚’å‰˛ãŖた時ぎäŊ™ã‚ŠãŒį°Ąå˜ãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‹ã‚Šãžã—ãŸãŒã€ã‚‚ã—ã“ãŽã‚ãžã‚ŠãŒ 0だãŖたらおうでしょう。

19